ご案内

感染終息のお知らせ
9月8日以来、新型コロナ感染発生のため入所・ショートステイご利用についてご不便をおかけしておりましたが、24日に所定の待機期間を
無事経過して感染が終息し平常の運営に戻りました。
通所リハビリテーションは20日から、 平常通り運営いたしております。
なお当施設は昨年来、感染防止対策には万全を期して取り組んできており、職員は全員PCR検査を5月以降毎週受け続けて、これまで全員陰性
であることを確認できております。
またワクチン接種は入所者と職員全員(接種拒否を除く)が7月中旬に2回目を済ませており、今回はブレークスルー感染であったと思われます
今後も職員一同、ご利用者の安全のため万全の感染対策に取り組んでまいります。

【第3報】待機期間満了をもって、入所の新型コロナ感染問題は終息しました。
◆9月20日通所リハビリテーション再開
◆9月22日(水) 21日に京都市の指示に基づき京大に提出した入所職員およびご利用者全員のPCR検体が全員陰性と判定された結果を受け、
 京都市より入所4階の防護服態勢の解除が許可される。
◆9月23日(木)4階のレッドゾーン解除に伴い、4階で対応したご利用者を全員3階に戻す。
◆9月24日(金)2週間の待機期間満了をもって、入所の新型コロナ感染問題は終息。


【第2報】
◆9月17日(金)京大に15~16日に提出した入所ご利用者ならびに入所職員全員のPCR検体は検査の結果全て陰性と判定
 京都市の指導により入所4階を除き3階は非常時体制解除となり、入所の3フロアの内、2階と3階は全て食事・入浴・リハビリを通常に戻す。
 入所4階は21日実施予定のPCR検査の結果を待って解除の可否を判定。
 通所リハビリテーションは20日(月)から再開可。

【第1報】
◆9月8日(水)3階ご利用者で体調不良の方4名の抗原簡易検査をした結果、3名が陽性と判明。部屋は別々であったため、3名と同室の
 ご利用者8名を4階フロアをレッドゾーンにゾーニングして転室していただき、緊急体制を施行。
◆9日~10日 京都市の指示を受け、当老人保健施設の入所ご利用者全員と施設内で働く全職員のPCR検査を実施し検体を京都大学に提出。
◆9月10日(金)京都大学に9日に提出したPCR検体の内、陽性者と同室のご利用者1名の陽性が判明したと京都市から連絡があり、
 陽性者4名(内、1名は入院済み)となる。
◆9月15日現在、提出したPCR検体の最終検査結果は、上記ご利用者1名を除き、全員陰性と判定。

新型コロナウイルス感染拡大防止対策の緊急事態宣言発出に伴い当面の間ご面会をおことわりいたして
おります。
洗濯物はお取次ぎ致しますので事務所へお申し出ください。
ご来所の皆様にはフロアへの立ち入りも従来通りお断りいたしております。
入館時間は従来通り午後6時までとさせていただきます。
感染拡大防止にご理解とご協力をお願い致します。

三密注意と熱中症予防、withコロナの新しい生活スタイル等のポスターをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

所定疾患施設療養費の公表
 ☞平成30年度